伊東屋カフェの営業時間と場所、メニュー、文房具とカフェ

銀座

老舗文房具、伊東屋のカフェは、スタイリッシュな店内とシンプルで洗練された家具とアートが飾られ、大人が集まるNYのような雰囲気。食材にもこだわっていて、もりもりのお腹いっぱいになるボリューミーサラダから、がっつりステーキまで!ケールやひよこ豆、キヌアなど、美容を気にする大人女子もOK❣️最新の文房具をチェックしたら、アメリカンな食事をがっつり堪能して♡

スポンサードリンク

伊東屋カフェの営業時間と場所

営業時間は、10時から22時まで。ラストオーダーは21時。遅くまでやってるから、仕事終わりでも間に合っちゃう♡

場所は、銀座一丁目駅が一番近く。9番出口を出て、シャネルを右手に真っ直ぐ進めばOK。徒歩1・2分くらい。次に近いのが銀座駅で、A13出口を出て真っ直ぐ伊東屋の看板の方へ。こちらも、徒歩3分ほどと駅近!

伊東屋カフェのメニュー

メニューは、もりもりの食事になるサラダから、サンドイッチやハンバーガーなどアメリカンなものまで。(少し前に流行ったサバサンドもあったよ。)迷いに迷ったけれど、久しぶりのエッグベネディクトに。全体のボリュームもさることながら、挟まれたハムの分厚さにビックリ!暑さ1センチほどもあって、噛み応えも抜群。ナイフで切るのも、結構力を入れないと切れなかったほど。その分、お肉の旨味がギュギュッと詰まっていて、食べ応えがすごい。

サイドに添えられたポテトが、これまたすごく美味しくて。揚げたてのカリッカリで、中がホックホクで。 カットの仕方も、一口サイズのコロコロした感じだから、食べやすく。そして、塩加減がいい塩梅だったのに感動したのと、おいもの甘みが凄かった〜!また出会いたいポテト。

ここのカフェ、食材にこだわっているのもポイント。例えば、卵は内閣総理大臣賞などを受賞した有機JAS認証取得の、黒富士農場で育てられたリアルオーガニックのもの。夏でも涼しい環境で、放牧されているらしくのびのびと育てられているそう。お腹が空いたら牧草を食べて走ったり、疲れたら一休みというなんとも羨ましい生活笑

また、ここの野菜は、同じビルの11Fにある「ファーム」で育てたものが使われているんだとか。ファームは見学自由なので、ご飯の前によってから来るのも面白いかも。同じビル内で育てた野菜が食べられるなんて、面白いし新鮮でいいよね。

スポンサードリンク

サラダは、食事になるがコンセプトなので、ボリューミーで満足感がありそう。しかも、アボカドやキヌア、ブルーチーズなどのトッピングができるので、その時の気分や体調にぴったりのサラダをカスタマイズする事ができちゃう。

タパスには、ひよこ豆を使ったヘルシーなフムスもあるし、デザートにはポップオーバーや全粒粉のパンケーキも。お酒は、ビール・カクテル・日本酒などさまざま。ワインの種類がすごく豊富なので、ワイン好きにはたまらない。カクテルもアマレットなど、珍しいものも取り揃えられていて嬉しいところ。

メニューはこちら

文房具とカフェ

最近、何かとカフェを掛け合わせたり、パンケーキだけで勝負するなどの専門店が多いなと感じていて。ここは、老舗の文房具屋がカフェを開いている。ここのカフェの名前も実は、フランス語でペンという名前の【stylo】ロゴも、万年筆が使われている。

小学生の頃、文房具は友達と楽しむ為のツールだったり、ちょっと優越感を味わえたりするものだった。新しく出たペンを持ってる子に、ジェラシーを感じてしまったりもした。見えないペンを使って、友達同士で秘密の手紙をやり取りすることで、ちょっとした結束感を味わったりして。みんな筆箱をパンパンにして、中にはキラキラが詰まっていた。新しいペンやお気に入りのペンを使うたび、ワクワクした。

大人になった今、会社で支給されるものになって、シンプルになったり、パソコンの普及で書くことが少なくなってしまった。でも、手帳ブームや書くことが見直され始めて、また文房具ブームが大人にもやってきた。

ペンと言っても、すごくたくさんの種類があって、鉛筆から万年筆まで価格もさまざま。中でも大人になってからずっと欲しいのがガラスペン。透明で1つも同じ柄がないマーブル模様の本体と、ペン先の美しい渦巻き。好きな色のインクにそっと浸して書く、秘密めいた優雅な時間。お気に入りのガラスペンで手紙を書きたい。そんな大人な時間の使い方に憧れていて。

カフェでパソコンを開くのもいいけれど、たまには気持ちの伝わる手書きにしよう。カフェで手紙を書くなんて、素敵じゃない♡たくさんの種類の中から、送る人の事を思ってぴったりの1つを選んで、上の階にあるカフェでゆっくりと想いをしたためる。または、お気に入りの手帳を持って今の自分とゆっくり向き合って、書く事で自分と対話する。そんな大人の休日の提案。

higashiya銀座のディナー、和アフタヌーンティー、上品和菓子♡

2018.05.08
スポンサードリンク