ベケット逗子の営業時間、ランチ、行きつけにしたいアットホーム感♡

逗子

フランスを思わせる、とても雰囲気のあるアンティークなインテリアが素敵。散りばめられたアクセントカラーのロイヤルブルーが、オトナのカフェ。穏やかで気取らずに寛げる空間に和み、暖かく迎えてくれるご夫婦の気さくな接客に癒される。仕事が終わったら、ここへきて第二のお家時間を過ごし、私を取り戻す。そんなひだまりのような丁寧な時間は日常のオアシスになるはず。美味しい食事にお腹がいっぱいになったら、1日の疲れもリセットできそう。

スポンサードリンク

ベケット逗子の営業時間


ベケット逗子の営業時間は、12:00〜14:30・18:00〜20:00です。定休日は火曜日と水曜日。鎌倉や逗子でイベントがある日は混雑するので、イベント時は避けましょう。

辿り着けるか心配な大人女子へのアクセス情報♡
逗子駅の東口を出たら、右に曲がってみずほ銀行と交番の通りを進みます。右側にマーロウの店舗を通り過ぎて、オーケーストアが右側に見えたら、斜め右に進みます。ローソンが左側にある通りを少し進むと左手に立て看板が見えます。

ベケット逗子のランチ

この日はランチセットが2種類あって、1つはチキンのロースト〜クミンの香りとともに〜。もう1つは、海老とケールの菜花のトマトスパゲティー。私は海老をセレクト。

まず、デミタスカップほどの大きさの、可愛いえんどう豆のスープがお出迎え。くすみカラーの優しい若草色のスープに、ぱらりと上に飾られた赤いスパイス。赤と緑の彩りに食欲がそそられます。

クリーミーなスープに包まれた後は、鮮やかなトレビスのサラダ。驚いたのは、なんとブドウが入っていたこと。酸味の効いたドレッシング、大人の苦味があるトレビス、爽やかな甘さのブドウ、ケンカすることなく共存していて美味しい。

お次はメインのパスタ。ぷりぷり海老が、満足感のある大きさなのが嬉しく。酸味が効いたジューシーなトマトソースで、胡椒がピリッと効いていて暑い時期に食べたい味。

ちなみにこの日は夏日だったので、入れたてのビールを飲んでいる方が多かったです。ワインもあるので、昼間からおしゃれに乾杯もできますよ。

ベケット逗子の行きつけにしたいアットホーム感♡


入り口の扉を開けた瞬間の奥様の笑顔が素敵で、当たりだと直感しました♡入った正面に飾られたお花や小物がセンス良くまとまっていて、所々に使われているロイヤルブルーの壁も素敵で。

スポンサードリンク

椅子に座ると良く見えるカップやポットは、一瞬無造作と感じるほど自然なのに、きちんと感を感じさせる魅せる収納。カトラリーや食器は料理に合わせていて、シンプルなデザインだけれど真鍮でできていたりと、フランスを感じる趣きのあるカトラリーや、ネイビーやイエローなど温かみを感じる北欧を思わせるものも。

いいなと思ったのが洗面所のスペース。ロイヤルブルーで囲まれた空間に、丸い鏡。小さいスペースだけど、絶妙な深いブルーがとても綺麗で海の底にいるみたい。こういう狭い空間も、こだわっているところが素敵です。

カウンターとボックスの席があり、木の温かみを感じられるテーブルや椅子、モノクロでマスキュリンな時計、アンティークな籠のミラー。天井から吊るされたライトは1つ1つ違っていて、お花のように裾が広がったものやキノコのかさのような形をしたものなど可愛らしいサイズのものが多く、ビンテージ感が漂ってまるでフランスに来たかのよう。

様々なテイストのものを上手くミックスしていて、まとまりがあり、インテリア上級者。なかなか真似できないなと思います♡

そして、こちらの1番のオススメポイントが居心地の良さ!ご夫婦でされているからなのか、ご本人達の雰囲気なのか、とても穏やかでひだまりのような雰囲気が漂います。

お二人ともとても気さくで、お客さんとの距離の取り方が絶妙。お節介すぎるしつこい接客や、放置されすぎる寂しい接客も苦手。初めて伺いましたが、私と友人の話が盛り上がっている間は放っておいてくれたり、料理のタイミングも考えてくれたり。話が落ち着いて奥様が注いでいたビールに友人が反応すると、それに返してくれてカウンター越しに世間話が始まり。

その横で料理をしていた旦那さんが、営業中にも関わらず常連さんとビールで乾杯。これが湘南スタイルだと笑っていて、奥様がそれを見て仕方なく、でもとても丁寧に入れたビールをいつもの事だと微笑みながら手渡す、そんな穏やかな時間が過ぎていきました。

お二人の気取らない自然体な人柄と、気さくで丁寧な接客が生み出す、穏やかで寛げる空間。家と仕事場の中間にこんな素敵なカフェがあったら、毎日頑張れそうだし、思わず”ただいま”と言いたくなってしまうはず。

おしゃれでおめかしして行くよそゆきの場所もいいけれど、日常に必要なのはきっと穏やかで気取らずに行ける、こんなひだまりのようなカフェ。センスの良いインテリアに囲まれて、美味しい食事とお二人の会話に和む。1日の疲れをリセットして、お腹がいっぱいになったらご機嫌な私を取り戻せる。

ベケットさんはこちら

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です