ラデュレ青山のアクセスは?限定メニューって?内装はどんな感じ?

表参道

ラデュレと言えば、フランスはパリの老舗パティスリー!パリジェンヌに愛されるラデュレが日本に来たのは10年前のこと。そのラデュレがついに初の路面店をオープン❣️一面ラデュレグリーンが広がる店内には、スカラップの形のソファーやお花やふわふわメレンゲのような照明♡マリーアントワネットのお部屋のような世界観を楽しんでみては♡青山店限定のケーキとマカロンも要チェック!

スポンサードリンク

ラデュレ青山のアクセスは?

ラデュレ青山へのは、表参道駅のB1出口を出て右に真っ直ぐ進みます。マリアージュフレールの前を通り過ぎると、交差点が見えます。その交差点を渡らずに、道なりに左へカーブします。はい、もうラデュレ青山が見えます❣️徒歩3分くらいです。

暖かくなってきたので、テラス席でお茶もいいですよね〜〜♡たまたま外人の方がテラス席でお茶されていて、とても絵になっていました♡

入り口に飾られていたお花も春を感じられて、素敵。お花の横の装飾もとっても素敵なので、ぜひその目で確かめて♡

ラデュレ青山の限定メニューって?

ラデュレはParisが本店のパティスリーですが、ついに初の路面店が青山にできたのです!限定パティスリーの「エヴィダンス・ユズ」は、柑橘類の皮入りマドレーヌ生地に柚子風味のクリームとココナッツムースを重ねたもの。

見た目も柚子そっくりで、オレンジ色のビタミンカラーがかわいい🍊上のムースは白くてほのかな優しい甘みが口の中に広がります。そのムースを包んでいるのは、鮮やかなオレンジイエローのゼリーで、甘みの中に酸味がありとっても爽やか✨上にちょこんとのった2枚の葉っぱは、なんと抹茶チョコレート!

下のマドレーヌ生地は柚子の味が濃厚に染み込んでいて、とってもジューシー!柚子のクリームも入っていて、こちらは爽やかクリーミー✨また、下のマドレーヌは柚子のチョコレートでコーディングされていて、表面がでこぼことしています。でこぼこした表面は柚子の皮そのもの。サクサクカリッとしたパールが、いいアクセントになっています。

スポンサードリンク

もう一つの限定は、ラデュレと言えばのマカロン♡お味は、ゆずです✨こちらもぜひ食べてみたい♡

私は、今の時期ならでは、サクラのマカロンをおともにセレクト❣️桜色の淡いピンクのマカロンで、中に桜の葉の塩漬けのようなほのかな酸味があり、お餅のようにモッチリしたペーストが入っている和風なマカロン。甘さ控え目で、皮も優しい桜の風味がしていて、まさにお花見の時期にピッタリ🌸

一緒に頼んだドリンクは、マリーアントワネットというアイスティー。バラやジャスミン・柑橘類などをブレンドしたもの。高貴で華やかで爽やかな香り、後味はスッキリとしています。甘〜いスイーツとも相性バッチリ❣️

ラデュレ青山の内装はどんな感じ?

気になる青山店は“マリーアントワネットと東京が出会った世界”をイメージしてデザインされたそうです。出会いの春にピッタリで、そのコンセプトも素敵ですよね♡

扉を開けると、ラデュレグリーンの世界が広がっています。ソファーはスカラップの形、クッションはころんとした丸い形。テーブルの脚は、キャンディーをひねったようなネジネジした形。照明はお花、ソファーの緑が草原で、まるでお花畑やお菓子の家のよう。とってもロマンティックな雰囲気です♡

床までも白黒のシックな市松格子柄、天井の照明はふわっと泡立てたメレンゲのよう。一面グリーンなのですが正面奥の席だけは、パープルピンクの壁になっていて、遊びゴコロが満載の店内です❣️

可愛くて色鮮やかなケーキや、マカロンがずらりと並ぶショーケースは、見ているだけで笑顔になること間違いなし💗ショコラやマカロンボックスなどのギフトも充実しているので、お土産や自分へのご褒美にいかが♡

スポンサードリンク